お知らせ・コラム

損をする?売却前のリフォーム、購入してすぐに家を売る場合

コラム 2022.08.23

売却前にリフォームした方がいいの?

今お住まいの家に汚れや傷みなどがあれば、きれいにリフォームした方が高く売れるとお考えになるかもしれません。 
しかし、売却前にリフォームをしても、高い金額で売れるとは限らないのです。場合によっては、売りづらくなることもあります。

 
リフォーム費用が回収できないことも

リフォームといっても、場所や内容によって金額は大きく変わり、予算がオーバーする場合もあるでしょう。このリフォーム費用は、売却価格に上乗せしないと回収できません。すると、近隣の相場よりも価格が高くなり、早期の売却が難しくなる場合があります。最終的に、リフォーム費用が回収できない金額まで下げざるを得なかったというケースも出てくるのです。

 

不動産価値は高くならない

そもそも不動産の価格は、さまざまな要因で決まります。地域の特性、建物の構造、さらに経済情勢などに左右されます。確かにリフォームを行えば、購入希望者にとって、内装への印象は良くなるかもしれませんが、それ以外の要因を変えることができません。「リフォーム=不動産価値が上がる」ではないことを知っておきましょう。

 
買い手のニーズに合わなくなる

価格の安さを重視して中古の物件を探している方は、購入後のリフォームを前提にしている場合も少なくありません。リフォームもご自身の好みに合わせて行う方、必要な箇所だけを行う方など、さまざまです。そのため、リフォーム済みの物件が買い手のニーズに合致しないことも多くあります。

 

ここまで、売却前にリフォームをしても必ずしも高く売れない理由をお伝えしました。一方で、しっかりとしたノウハウでリフォームを行えば、不動産価値が高くなる場合もあります。一心エステートが、豊富な経験と実績でお手伝いします。不動産査定のご依頼はお気軽にお問い合わせください。

購入してすぐに家を売ると損をする?

「新築の家を購入後、すぐに同じ金額で売却できるのか」という疑問はありませんか。
結論からお伝えすると、同じ金額で売却するのは難しいでしょう。

 

「中古」になるため価格が下がる

新築の物件は、1日でも人が住めば「中古」になります。新築価格には、宣伝費などの金額が含まれますが、中古物件になってしまうため価格に含められません。そのため、売却時の価格はかなり下がってしまいます。

 

売却理由によっては売れない

家を売る理由を伝えないと告知義務違反になるケースがあります。例として、雨漏り、シロアリ被害、騒音、事件・事故などです。このような場合は、買い手が見つかりづらく、価格を下げざるを得ないことが多いでしょう。

誰しも、不動産の購入時に、すぐに売却することになるとは思いもしないものです。万が一、そのような事態になると、費用だけでなく多大な労力がかかります。では、家を探す時には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

 

家を探す時の注意点

ライフプランニングを行う

事前に、転勤、結婚、子育て、介護などのライフプランをしっかり考えておく必要があります。その度に家を売るとなると大変です。将来の見通しがついてからの購入も考慮しておきましょう。

 

変化に対応できる家かどうか

長く快適に暮らしていくためには、子育てや老後などのご家族の変化に対応できる家であることが重要です。リフォーム可能な物件か、間取りや構造はどうかなどを購入前にチェックしておくのがポイントです。

 

メンテナンスも考慮する

家を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。特殊な構造の製品が使われていると、メンテナンスが難しかったりする場合があります。

 

不動産の売却で気になることは、一心エステートまでお気軽にご相談ください。無料の不動産査定も行っております。

 

 

MOVIE
トップに戻る